FC2ブログ

民柄場

みんがらば~ミャンマーと日本の乗り物・旅行記~

ヤンゴンマンダレー線動向9/9

9/9に11UPに乗車し、マンダレーへ向かいました。その際の目撃情報です。
8/29に発生したダム決壊により、ヤンゴン―マンダレー線のYedashe-Swa間の一部が破壊される被害が発生した。
そのため、同線の長距離列車は、被害区間をバス代行輸送とする形で2往復が運転されている(そのほか、マンダレー~ネピドー、タウングー~ヤンゴン間でも臨時列車を運転)。

IMGP4054.jpg
11UP(南側):牽引機DF2084+オーディナリー7両+アッパー3両+オーディナリー3両、緩急車なし
6:00ヤンゴン発。

IMGP4055.jpg
緩急車(荷物車など)を最後尾に連結していないのが特徴である。

IMGP4057.jpg
13:39にYedashe到着。乗客はバス8台に分乗し、Swaへ移動する。同時期に北側の12DNも到着していた模様。
バスは国軍所属の車両で、警察車両の先導の下、兵士が運転していた。
通過した国道は工事中の箇所が多く、沿道には先の増水で破壊された家屋やトラックなども見られた。

IMGP4058.jpg
11UP(北側):DF2083++オーディナリー7両+アッパー3両+オーディナリー3両、緩急車なし
15時にSwaを発車。本来の時刻より、乗り換えに要した1時間半を加算した状態で運行された。
終着のマンダレーには23時に到着、おおむね定時で運行された。

・目撃した列車
IMGP4056.jpg
マダウ線602DN:RBE2547
ピュンタザ機関区内に、LRBE7と60の留置も目視にて確認。

IMGP4059.jpg
510DN:RBE2525

IMGP3968.jpg
110DN:RBE2583+5044(マンダレー方→)※以前と方向が反対となっている。


スポンサーサイト
  1. 2018/09/11(火) 21:30:30|
  2. 速報
  3. | コメント:0
<<YBS No.7 YGN6M-6922 | ホーム | ヤンゴン地区動向9/7-8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ZKOKH

Author:ZKOKH
暖かくて温かいミャンマーに魅せられて・・・

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ミャンマー旅行記 (52)
速報 (30)
国内線搭乗記 (3)
ミャンマーの鉄道 (82)
個別車両紹介 (15)
個別車両紹介:道産子編 (9)
ミャンマーのバス (460)
YBS (91)
ヤンゴン市内バス旧体制 (160)
都市間・地方のバス (189)
その他のバス (17)
海外の乗り物 (2)
海外旅行記 (1)
日本国内編 (78)
日本の乗り物 (7)
非電化を訪ねて (49)
ルーツを辿って (1)
黄帯の電車 (19)
京成バス (1)
ヘタクソ模型製作記 (7)
ミャンマー諸々 (10)
ミャンマー本紹介 (3)
動画紹介 (7)
サイト更新情報 (2)

アクセス数

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR