FC2ブログ

民柄場

みんがらばブログ版~ミャンマーと日本の乗り物・旅行記~

RBE5045 (ピョーブェ~新ナッマウ前編)

RBE5045

RBE5045 元JR北海道キハ142-8
所属:Pyinmana(ピンマナ)

RBE5045は2013年度に竣工した元キハ141系第一陣の内の1両である。
RBE2585(元キハ141-10)と編成を組み、運行開始から長らくPyawbwe-Natmauk-Magway Railway Projectのピョーブェ~新ナッマウ間の列車に投入されている。
2014年8月9日には、RBE2555を増結して運行されていた事が確認されている。
少なくとも同年2月まではナッマウ方を向いていた。
2017年12月は方向転換され、ピョーブェ方を向いている。

IMGP7785
朝5時にピョーブェを出発、約1時間ほどすると空が明るくなってきた。

IMGP7775
線路からやや離れた築堤上に設置された駅舎は、切り通しの多い線区でよく見られる。
駅舎のデザインや構造も、同じ時期に建設が進められたからかいずれも似たり寄ったりであった。

RBE2543&RBE5045
Ywataw駅にて、区間列車のPyawbwe3と交換する。

IMGP7820
ユワトーという地名・駅名は他にもあるため、駅名標には括弧書きで何か書かれているが、ペンキが剥げており解読不能だった。
マグェとマルン方面の分岐駅もユワトー・ジャンクションである。

RBE5045
ユワトーでは乗務員の休憩時間が設けられており、10~15分ほど停車する。

IMGP7830
乗車率も高く、ピョーブェを出発してから徐々に座席は埋まっていった。

IMGP7839
運転台。

IMGP7841
手ブレーキ。

後編:RBE2585に続く。


スポンサーサイト
  1. 2018/03/06(火) 09:54:05|
  2. 個別車両紹介:道産子編
  3. | コメント:2
<<No.34 Ma Tha Ta 4B-9045 | ホーム | YBS No.16 YGN5N-7260>>

コメント

レブーのRBEは時々交代しているのに141系は同じペアなのでいつ整備しているのだろうと思っていたのですが、向きはいつの間にか変わっていたとは。(水害の時にナッマウ側からピンマナへ撤収していたとしても向きは変わらないはず)
ここのユワトー駅はネピドーのユワトーと紛らわしいので「ユワトー(ナッマウ)」という名前にして区別していますね。
  1. 2018/03/08(木) 15:23:14 |
  2. URL |
  3. ツァンギ #DnRn2Bp.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ツァンギさん
いつもお世話になっております。車両の向きはmayaさんがこの路線に乗った時のリポートと見比べて初めて気づいた次第です。
ここのユワトーはナッマウのユワトーという事なのですね。
  1. 2018/03/09(金) 19:13:14 |
  2. URL |
  3. ZKOKH #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ZKOKH

Author:ZKOKH
暖かくて温かいミャンマーに魅せられて・・・

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ミャンマー旅行記 (47)
国内線搭乗記 (3)
ミャンマーの鉄道 (81)
個別車両紹介 (15)
個別車両紹介:道産子編 (9)
ミャンマーのバス (428)
YBS (73)
ヤンゴン市内バス旧体制 (158)
都市間・地方のバス (178)
その他のバス (16)
海外の乗り物 (2)
海外旅行記 (0)
日本国内編 (76)
日本の乗り物 (7)
非電化を訪ねて (49)
ルーツを辿って (1)
黄帯の電車 (17)
京成バス (1)
ヘタクソ模型製作記 (7)
ミャンマー諸々 (9)
ミャンマー本紹介 (3)
動画紹介 (7)
サイト更新情報 (2)

アクセス数

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR