FC2ブログ

民柄場

みんがらばブログ版~ミャンマーと日本の乗り物・旅行記~

はじめに

ようこそ。
ここではバリエーション豊かなミャンマーの乗り物を紹介して参ります。
また適宜旅行記や現地情報の紹介の他、国内編として管理人が撮影した乗り物も紹介します。

主な更新内容は、以下の通りです。
ミャンマー旅行記
これまでに訪れた観光名所や渡航時の速報等を簡単に紹介。
ミャンマーの鉄道車両紹介
個人的に印象に残った車両や最新の動向・考察を紹介。
ホームページ版ではより詳しく解説しています。
分類・解説等は徐々にホームページへ移行して参ります。
ミャンマーのバス紹介(この記事が多めです)
ミャンマーを走る、個性的なバス達を画像で紹介。
非電化路線を訪ねて
これまで管理人が訪れた、日本各地(たまに海外)の非電化路線で撮影した画像を紹介。

ホームページも更新中!
mingarabanner2.png
ホームページ版(URL: https://tangdwin.sakura.ne.jp )では、主にミャンマーの鉄道の解説を行っております。
こちらも宜しくお願い致します。

ご感想・ご質問等はこちらのメールアドレス channelmingala☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)よりお願い致します。
トップページや各記事へのリンクはご自由にどうぞ。

※おことわり※
・当ブログの内容は、あくまで取材・撮影当時のものです。
交通機関の運行時刻等は予告なく変更される場合があるため、旅行に行かれる際はご自身で最新の情報を確認するようにしてください。紹介している乗り物や路線の中には、既に廃止・休止・変更となってしまっているものも少なくありません。極力情報の収集には努めますが、最新情報の発信は本ブログの趣旨ではない事をご了承下さい。
・このブログはあくまで個人的な趣味の範囲内で投稿しております。ブログ内の考察は、断りのない限り当該事業者や団体等の公式的な見解と一致しているとは限りません。
・本ブログの情報を元にして発生した不利益に関して、管理人は一切責任を負いません。紹介している地域・都市は、情勢の変化により滞在禁止等の制限が生じる場合がございます(その反対も然り)。現地当局からの指示があった場合は、素直に従いましょう。また本ブログは一般的な観光コースではない地域・都市への訪問を奨励する事を趣旨としておりません。
・車両基地・工場内の画像は、全て許可を事前に取得または職員同行の上で撮影しています。
車両基地・工場敷地内へは、決して無断で立ち入らないこと。
基本的に、この様なエリア(特に塀で囲まれている敷地内)の見学は、事前に許可を取得する必要があります。
・別名義で他サイト・媒体に本ブログの画像を提供している場合がございます。

IMGP3796_20190211085539b1b.jpg


スポンサーサイト
  1. 2025/12/14(日) 21:43:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

No.105 YGN7H-6445

7H-6445.jpg

車種:現代COUNTY
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2016年1月23日
  1. 2019/02/16(土) 00:04:02|
  2. ヤンゴン市内バス旧体制
  3. | コメント:0

Yoma Express YGN5C-5619

5C-5619.jpg

車種:現代エアロ
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2014年9月3日
  1. 2019/02/14(木) 00:01:23|
  2. 都市間・地方のバス
  3. | コメント:0

YBS No.7 YGN7M-1398

7M-1398.jpg

車種:Yutong ZK6118HG
元事業者:鄭州市バス
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2019/02/12(火) 00:59:49|
  2. YBS
  3. | コメント:0

SaKyinMan MDY2B-3260

2B-3260.jpg

型式:U-BE437E(推定)
撮影地:マンダレー市内
撮影日:2017年12月31日
  1. 2019/02/10(日) 00:56:53|
  2. 都市間・地方のバス
  3. | コメント:0

YBS No.42 YGN4G-2368

4G-2368.jpg

車種:現代COUNTY
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年12月20日
  1. 2019/02/08(金) 00:55:41|
  2. YBS
  3. | コメント:0

YBS No.36 YGN5N-4416

5N-4416.jpg

車種:Yutong ZK6108HNG
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年12月20日
  1. 2019/02/06(水) 00:54:28|
  2. YBS
  3. | コメント:0

No.34 Ma Tha Ta 4B-9661

4B-9661.jpg

型式:U-RGW40(CNG化)
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2014年3月20日
  1. 2019/02/04(月) 00:52:51|
  2. ヤンゴン市内バス旧体制
  3. | コメント:0

YBS42 YGN7G-9612

7G-9612.jpg

車種:現代COUNTY
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年12月20日
  1. 2019/02/02(土) 00:49:45|
  2. YBS
  3. | コメント:0

黄帯の電車 浅草橋(東京マラソン2018)

IMGP3120
(2018年2月撮影)
  1. 2019/02/01(金) 00:57:28|
  2. 黄帯の電車
  3. | コメント:0

ミャンマー国鉄公式サイト、リニューアル

恥ずかしながら、ミャンマー国鉄の公式HPが完全にリニューアルされていたことを先程知った。
昨年9月に作成された模様。

こちらが新しいアドレス:http://www.myanmarailways.gov.mm/

ざっと見たところ、旧サイト:http://www.myanmarailways1877.com/のコンテンツの大枠は引き継いでいる模様。
ただし内容はこれから移植されるものと思われる。
新サイトでは鉄道関連の画像や動画がトップページに多数掲載されており、これからの更新が楽しみだ。
  1. 2019/01/30(水) 12:03:43|
  2. ミャンマーの鉄道
  3. | コメント:0

YBS No.21 YGN4G-6915

4G-6915.jpg

車種:現代・エアロ 
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2018年9月18日
  1. 2019/01/28(月) 23:13:00|
  2. YBS
  3. | コメント:0

MDY5I-9356

IMGP4086.jpg
型式:KC-MJ629F
元事業者:札幌観光バス
撮影地:マンダレー市内
撮影日:2018年9月12日
  1. 2019/01/19(土) 11:14:19|
  2. その他のバス
  3. | コメント:0

新型客車動向2019.1

IMGP5001.jpg

2015年末に導入された、四方製新型客車の運行開始から約3年が経過した。
新聞・ネットニュース等の各種報道を元に、この間の新型客車の動きを振り返る。
※SNS上の情報は除いた。

2015/12/18 Myanma Alin Daily紙(MAL)にて四方製新型客車の写真付き報道
2015/12/20 新型客車の導入計画に関する報道(リンク)。
新型客車は合計60両導入予定。そのうち39両は四方で生産し、残りはミンゲ工場に建設される生産レーンにて製造される。
2016/1/3 The Global New Light of Myanmar紙(GNLM)にて新型客車のヤンゴン―マンダレー線試運転報道。
四方製の新型DF2000牽引。
2016/1/18 5UP/6DN(ヤンゴン~マンダレー)にて新型客車運行開始。(MAL, GNLM The Mirror)
・運行開始時点での導入車は14101~14128の28両、14101~14110, 14119~14128がオーディナリークラスBDTEZ型、
14117,14118が車掌室付の最後尾車両BBDTEZ型、
14111~14116がアッパークラスBDUEZ型。
オーディナリー車1両を予備とした13両編成が2本用意されて運行された。
牽引機は同時期に導入された四方製新型DF2000と、2015年度以降に導入の大連製DF2000が担当する。

2016/2/3 5UP/6DNの手荷物無料化(上限あり)、新型車到着(機関車6両、客車11両)(KM)
2016/3/19 71UP/72DN(ヤンゴン~ピィ)に新型客車投入。
・71UP/72DNはオーディナリークラス車のみの8両編成。1編成のみの運用。
この時導入された客車は14129~14139番。

・2016年度に入り、ミンゲ工場に新型客車製造レーンの建設が行われた。
2018年8月に、最初の車両が竣工した。

2018/12/3 新型客車24両(オーディナリー・アッパー各14両)を借款による導入が、国会にて可決(リンク)。ヤンゴン~マンダレー線に追加導入予定。
2018/12/29 ミンゲ工場製新型客車を使用した33UP/34DN(マンダレー~ミッチーナー)運行開始。(GNLM)
・オーディナリー8両+アッパー2両+オーディナリー緩急車1両の11両編成。
牽引機は、2018年に完成したネピドーの機関車工場にて国内生産されたDF2000.

ここまでの動きを要約すると、
・主要三路線(ヤンゴン~ピィ、ヤンゴン~マンダレー、マンダレー~ミッチーナー)に投入
・ミンゲ工場でも国内生産、輸入による導入も並行して行われる予定。

少しずつ勢力を拡大している新型客車だが、2016,17年度は既存タイプの客車もミンゲ工場で生産(オーディナリークラスの13100番台、アッパークラスの12350番台)されている点も忘れてはならない。
国内生産体制の完成、2018年末のマンダレー~ミッチーナー線への投入によって、
空気ばね台車をはじめとする新機軸・新設計を採用した新型客車がこれから本格導入となるのか、2019年も目が離せない。

参考:RBE「ミャンマーの鉄道ニュース受け売り
  1. 2019/01/12(土) 00:50:19|
  2. ミャンマーの鉄道
  3. | コメント:2

非電化を訪ねて JR北海道石勝線 川端

IMGP0699_20190111112156808.jpg
(2019年1月3日撮影)
  1. 2019/01/11(金) 12:00:24|
  2. 非電化を訪ねて
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ZKOKH

Author:ZKOKH
暖かくて温かいミャンマーに魅せられて・・・

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ミャンマー旅行記 (47)
国内線搭乗記 (3)
ミャンマーの鉄道 (81)
個別車両紹介 (15)
個別車両紹介:道産子編 (9)
ミャンマーのバス (437)
YBS (78)
ヤンゴン市内バス旧体制 (160)
都市間・地方のバス (180)
その他のバス (16)
海外の乗り物 (2)
海外旅行記 (0)
日本国内編 (77)
日本の乗り物 (7)
非電化を訪ねて (49)
ルーツを辿って (1)
黄帯の電車 (18)
京成バス (1)
ヘタクソ模型製作記 (7)
ミャンマー諸々 (9)
ミャンマー本紹介 (3)
動画紹介 (7)
サイト更新情報 (2)

アクセス数

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR