民柄場

みんがらば ~ミャンマーと日本の乗り物・旅行記~

はじめに

ようこそ。
ここではバリエーション豊かなミャンマーの乗り物を紹介して参ります。
また適宜旅行記や現地情報の紹介の他、国内編として管理人が撮影した乗り物も紹介します。

主な更新内容は、以下の通りです。
ミャンマー旅行記
これまでに訪れた観光名所や渡航時の速報等を簡単に紹介。
ミャンマーの鉄道車両紹介
個人的に印象に残った車両の紹介や、車種別の分類。
作成済みのページは、次記事インデックスよりご覧いただけます。
ミャンマーのバス紹介(この記事が多めです)
ミャンマーを走る、個性的なバス達を画像で紹介。
非電化路線を訪ねて
これまで管理人が訪れた、日本各地(たまに海外)の非電化路線で撮影した画像を紹介。


特にミャンマーの鉄道コンテンツに関しましては、ホームページの形態へ移行する予定であるため、
試験的にまとまりのないテーマや断片的な投稿をする事がありますのでご容赦ください。

ご感想・ご質問等はこちらのメールアドレス channelmingala☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)よりお願い致します。
トップページや各記事へのリンクはご自由にどうぞ。

※おことわり※
・当ブログの内容は、あくまで取材・撮影当時のものです。
特に海外の交通機関の運行時刻は予告なく変更される場合があるため、旅行に行かれる際はご自身で最新の情報を確認するようにしてください。紹介している乗り物や路線の中には、既に廃止・休止・変更となってしまっているものも少なくありません。極力情報の収集には努めますが、最新情報の発信は本ブログの趣旨ではない事をご了承下さい。
・このブログはあくまで個人的な趣味の範囲内で投稿しております。ブログ内の考察は、断りのない限り当該事業者や団体等の公式的な見解と一致しているとは限りません。
・本ブログの情報を元にして発生した不利益に関して、管理人は一切責任を負いません。
・車両基地内の画像は、全て許可を事前に取得または職員同行の上で撮影しています。

IMGP5760.jpg



スポンサーサイト
  1. 2025/12/14(日) 21:43:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ミャンマー国鉄の鉄道車両インデックス

鉄道車両総論
<機関車>
概要
・DC500       ・DD500(1次)       ・DD500(2次)       ・DD500(3次)
DD900(Krupp)  ・DD900(汽車会社)   ・DD900(アルストム)  ・DD1100           
・DD1200(Krupp) ・DD1200/1500(汽車会社)               ・DD1500(Krupp) 
DF1200(アルストム)              ・DF1200(四方)      ・DF1200(インセイン①)
DF1200(インセイン②)             ・DF1300          ・DF1600(アルストム)
DF2000(アルストム)              ・DF2000(大連)      ・DF2000(四方)
      
<客車>
概要(車種別分類/番台別分類/形式記号
・LRBT        ・RBT800         ・LBTX900         ・客貨車
・1000番台車    ・10000番台オーディナリークラス          ・BDTEZ10700/LBT10700
・12000番台オーディナリークラス     ・12000番台アッパークラス
・13200番台     ・13300番台       ・14100番台
・昆河線移籍車   ・インド製客車
・寝台車       ・食堂車          ・荷物車           ・郵便車
・事業用車

<貨車>
概要
・有蓋車①    ・無蓋車(2軸/ボギー) ・長物車           ・サトウキビ車
ホッパ車      ・昆河線からの移籍車

<RBE/LRBE>
RBE2507
RBE2583
RBE2588
RBE2589
RBE2590
RBE2595
RBE25105
RBE25107
RBE5001
RBE5044
DMU305
D1B301/303

TCE3001


  1. 2025/12/13(土) 07:06:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

YGN8I-7928

8I-7928
型式:U-MS729S(推定)
元事業者:東北観光バス
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/09/24(日) 01:20:11|
  2. バス
  3. | コメント:0

SHN9B-6503

9B-6503
9B-6503

型式:U-MS826P
元事業者:北海道中央バス 札幌22か2523(推定)
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2014年9月3日
  1. 2017/09/22(金) 01:37:17|
  2. バス
  3. | コメント:0

No.45 Ma Hta Tha YGN4B-7906

4B-7906

型式:P-U32L(CNG化)
元事業者:新京成バス
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2016年9月15日
  1. 2017/09/20(水) 01:31:59|
  2. バス
  3. | コメント:0

No.149 YGN7F-9055

7F-9055
車種:現代・エアロシティ
元事業者:ソウル市幹線バス 
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2014年3月20日
  1. 2017/09/18(月) 01:34:53|
  2. バス
  3. | コメント:0

リベット車体のオーディナリークラス車両

10360.jpg
以前紹介した10700番台初期車のオーディナリークラス版に当たるのが、今回紹介する10200~10300番台の車両である。

製造はミンゲ工場でリベット接合車体の生産が可能となった、1967年以降と思われる。
車番は10201~10390辺りまでの車両が該当する。既に古参車の扱いとなっており、稼働中の車両を見かける機会は少ない。
客車の製造や購入は毎年のように行われている中で、わずかな車両がしぶとく生き延びている。

車体の特徴としては、現在の標準とは異なり、車端部に乗降口が設置されている点が挙げられる。
製造当初は幕板上部に雨樋も設置されていたが、近年まで運行されてきた車両は撤去している。腐食防止のためと思われる。
妻面には当初は貫通路が設けられていた。こちらも現在は埋めてしまっている車両が多い。
台車は当時多数輸出されていた近畿車輌製シュリーレン式台車を装備している。
古い写真を見る限りでは、かつては急行列車用は赤系の塗装であり、ローカル列車用は灰色のものを纏っていた。

本グループのラストナンバーである10391は、三角形状の尖がった屋根となっている。屋根への乗車防止の試作と思われる。
こちらについては、改めて個別に紹介したい。

10305(1).jpg
マンダレーからミッチーナーへ一日以上かけて運行される41UPに連結されていたBDTZ10305.全般検査(Lift Check)から間もないのか、美しい外観であった。

10268.jpg
2017年3月のマダヤ線列車に連結されていた緩急車、BBDTZ10268.旅客と貨物の輸送力を確保するためであろうか、車掌室付の旅客車は同線では重宝されている。
かつては当車のような車掌室付のオーディナリークラス車は多数在籍した模様。近年の緩急車は全室荷物車が主流である。

10299.jpg
2DNか176DNの列車に連結されていたBDFEZ10299.ファーストクラスかつクリーム系の塗装が個性的な1両だ。ちなみに上で紹介した10305の後方に連結されているのも当車である。
急行列車への投入もあるからか、車軸発電機を装備しているのも本グループでは珍しい。

これまで筆者が確認した現役の車両は、10268,10291,10299,10302,10305,10359,10360,10362,10363,10377,10391の11両だ。これ以外にもまだ現役の車両がいるかもしれない。
客車は全国レベルで運用されていくため、具体的にどの列車で見る事ができるとは言えない。幹線を長時間かけて走る各駅停車タイプの列車などに連結されている事が多いようだ。
  1. 2017/09/17(日) 00:44:31|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0

YGN8I-7657

8I-7657
型式:P-MS729S
元事業者:北アルプス交通
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/09/16(土) 01:17:03|
  2. バス
  3. | コメント:0

黄帯の電車 水道橋

IMGP4997
(2017年7月撮影)
  1. 2017/09/14(木) 00:36:29|
  2. 黄帯の電車
  3. | コメント:0

MDY8I-7934

8I-7934
型式:U-MS826P
元事業者:瀬戸内運輸
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/09/12(火) 01:11:58|
  2. バス
  3. | コメント:0

YGN7F-9073

7F-9073
車種:現代・エアロシティ
元事業者:ソウル市幹線バス 
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2016年1月23日
  1. 2017/09/10(日) 01:33:29|
  2. バス
  3. | コメント:0

YGN8I-8517

8I-8517
型式:U-MS726S
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2014年9月3日
  1. 2017/09/08(金) 01:10:23|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.35 YGN7F-9107

7F-9107
車種:現代・エアロシティ
元事業者:ソウル市幹線バス2427
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/09/06(水) 01:27:12|
  2. バス
  3. | コメント:0

YGN8I-8753

8I-8753
型式:P-MS725S
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/09/04(月) 01:06:06|
  2. バス
  3. | コメント:0

ダウェーバスターミナル

IMGP2777

タニンダーリ管区のダウェーのバスターミナルは、モン州方面の国道8号線の入り口付近に位置している。
日中の発着は多くは無いものの、中国製の新車から日本製の改造路線バスまで様々な車種を見る事ができる。

IMGP2755
敷地中央部に駐車された日本からの車両。大型トラックの休憩所も兼ねているようで、他にもトラックを数台確認した。

IMGP2820

IMGP2812
バス会社のカウンターの様子。

IMGP2816
レストランも数軒営業しており、1000チャット程度でビルマカレーなどを食べられる。

IMGP2814
床下にトランクを設置した車両。都市間バスは荷物輸送も兼ねている。

IMGP2810
ダウェーのバスターミナルは空港の東側に位置しており、時折離陸していく旅客機を眺める事もできる。

  1. 2017/09/02(土) 00:14:09|
  2. バス
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ZKOKH

Author:ZKOKH
暖かくて温かいミャンマーに魅せられて・・・

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ミャンマー旅行記 (33)
国内線搭乗記 (2)
ミャンマーの乗り物 (394)
鉄道 (60)
バス (334)
海外の乗り物 (1)
海外旅行記 (0)
日本国内編 (55)
日本の乗り物 (7)
非電化を訪ねて (41)
ルーツを辿って (0)
黄帯の電車 (5)
京成バス (1)
ヘタクソ模型製作記 (7)
ミャンマー諸々 (7)
ミャンマー本紹介 (2)
動画紹介 (5)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR