民柄場

みんがらば ~ミャンマーと日本の乗り物・旅行記~

はじめに

ようこそ。
ここではバリエーション豊かなミャンマーの鉄道車両や、各種バスを紹介して参ります。
また適宜旅行記や現地情報の紹介の他、国内編として管理人が撮影した乗り物も紹介します。

主な更新内容は、以下の通りです。
・ミャンマー旅行記
これまでに訪れた観光名所等や渡航時の速報を簡単に紹介。
・ミャンマーの鉄道車両紹介
個人的に印象に残った車両の紹介や、機関車・客車の分類。
作成済みのページは、次記事インデックスよりご覧いただけます。
・ミャンマーのバス紹介(この記事が多めです)
ミャンマーを走る、個性的なバス達を画像で紹介。
・非電化路線を訪ねて
これまで管理人が訪れた、日本各地の非電化路線で撮影した画像を紹介。


将来的にサイトに移行する事を考えているため、
試験的にまとまりのないテーマや断片的な投稿をする事がありますのでご容赦ください。

ご感想・ご質問等はこちらのメールアドレス channelmingala☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)よりお願い致します。

※お断り
当ブログに記載されている内容は、あくまで取材・撮影当時のものです。
特に海外の交通機関の運行時刻は予告なく変更される場合があるため、旅行に行かれる際はご自身で最新の情報を調べるようにしてください。既に過去のものとなった情報も少なくありません。
本ブログの情報を元にして発生した不利益に関して、管理人は一切責任を負いません。
車両基地内の画像は、全て許可を事前に取得または職員同行の上で撮影しています。

IMGP3949
スポンサーサイト
  1. 2025/12/14(日) 21:43:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ミャンマー国鉄の鉄道車両インデックス

鉄道車両総論
<機関車>
概要
・DC500       ・DD500(1次)       ・DD500(2次)       ・DD500(3次)
DD900(Krupp)  ・DD900(汽車会社)   ・DD900(アルストム)  ・DD1100           
・DD1200(Krupp) ・DD1200/1500(汽車会社)               ・DD1500(Krupp) 
・DF1200(アルストム)              ・DF1200(四方)      ・DF1200(インセイン①)
・DF1200(インセイン②)             ・DF1300          ・DF1600(アルストム)
DF2000(アルストム)              ・DF2000(大連)      ・DF2000(四方)
      
<客車>
概要(車種別分類/番台別分類/形式記号
・LRBT        ・RBT800         ・LBTX900         ・客貨車
・1000番台車    ・10000番台オーディナリークラス          ・BDTEZ10700/LBT10700
・12000番台オーディナリークラス     ・12000番台アッパークラス
・13200番台     ・13300番台       ・14100番台
・昆河線移籍車   ・インド製客車
・寝台車       ・食堂車          ・荷物車           ・郵便車
・事業用車

<貨車>
概要
・有蓋車①    ・無蓋車(2軸/ボギー) ・長物車           ・サトウキビ車
ホッパ車      ・昆河線からの移籍車

<RBE/LRBE>
RBE2507
RBE2583
RBE2588
RBE2589
RBE2590
RBE2595
RBE25105
RBE25107
RBE5044
DMU305
D1B301/303

TCE3001


  1. 2025/12/13(土) 07:06:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

YBS No.37 YGN2C-6662

2C-6662

型式:KC-MP617M改(CNG化)
元事業者:名古屋市交通局
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/28(日) 09:04:22|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.39 YGN2C-8394

2C-8394

型式:KC-MP617M改(現地にてCNG化)
元事業者:名古屋市交通局F-466
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/26(金) 00:13:34|
  2. バス
  3. | コメント:0

貨車分類:ホッパ車

ヤンゴン中央駅付近やチミダイン駅などでは、バラストを積載した貨物列車が留置されている光景をよく目にする。
ミャンマーの場合、バラストの輸送には様々な種類の貨車が用いられている。その中で、今回はホッパ車を紹介する。

ホッパ車の形式はMBDHVであり、"D"が無蓋車との違いを意味しているものと思われる。
運行されている車両は全て2000年代以降に製造されており、平均車齢は若い。
車高の高さによって2タイプに分類できる。いずれも自動連結器を装備しており、大連製DF2000に牽引される事が多い。

①MBDHV43001~43040
43005(1).jpg
2005~2006年に導入された、車高の低いグループ。

②MBDHV43041~43140
43082(1).jpg
2012年以降に導入された、車高の高いグループ。
一挙100両がインドの鉄道車両メーカーによって製造された。
MRでは同時期に長物車も同じメーカーから調達している模様。
  1. 2017/05/25(木) 00:05:00|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0

YGN5B-7576

5B-7576

型式:P-MS715S(推定)
元事業者:神奈川県観光
撮影地:マンダレー市内
撮影日:2017年3月18日
  1. 2017/05/24(水) 09:08:10|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.35 YGN2C-7297

2C-7297

型式:KC-MP717KT(現地にてCNG化)
元事業者:神戸市交通局
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/22(月) 00:26:46|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.21 YGN2C-3691

2C-3691

型式:KC-UA460LAN改
元事業者:名古屋市交通局
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/20(土) 00:17:41|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.37 YGN2C-6659

2C-6659

型式:KC-MP617M改
元事業者:名古屋市交通局F-476
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/18(木) 00:12:17|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.21 YGN2C-9643

2C-9643

型式:KC-LV280N
元事業者:名古屋市交通局S-514
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/16(火) 00:07:23|
  2. バス
  3. | コメント:0

YGN7G-1509

7G-1509
7G-1509

車種:HIGER KLQ6123K
撮影地:上Kan(マグウェ管区)、下アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:上2017年3月16日、下2014年9月3日
  1. 2017/05/14(日) 18:13:27|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.37 YGN2F-4413

2F-4413

型式:NE-LV288L
元事業者:大阪市交通局
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/05/12(金) 00:21:16|
  2. バス
  3. | コメント:0

YBS No.35 YGN2C-9660

2C-9660

型式:KC-HU2MMCA改(現地にてCNG化)
元事業者:名古屋市交通局
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日

  1. 2017/05/10(水) 20:07:19|
  2. バス
  3. | コメント:0

BDTEZ12500番台

BDTEZ12500番台は1990年代後半以降に製造されたオーディナリークラス客車である。
製造元は中国・韓国の企業であり、それぞれに若干の違いがみられる。その中で、自動連結器を装備している事が本番台の共通点である。
この時期MRでは自動連結器を装備した新車を多数導入しており、機関車では大連・四方製DF2000、貨車ではユーゴスラビア製4*500番台車が該当する。「500番台」というのが当時のキーワードだったのかもしれない。
なお、MRでは特に列車の自動連結器化を急速に推進している訳ではないようで、近年製造された客車・貨車には既存のABC式連結器を装備しているものも多い。隣国のタイ(メーターゲージを採用)ではある時期に一度自動連結器に一斉交換しており、興味深い点でもある。

本グループはMRの客車全体の中では古すぎず、かつ製造から年数が経過した中堅クラスに位置している。
2016年以降、自動連結器装備の新型機関車が多数増備された事もあってか、重整備が随時徹底して行われており、足回りが新型客車に準じたグレーに塗られている車両が多数出場している。美しく整備された車両はヤンゴン~マンダレーの3UP/4DNなどに多数が連結されており、今後も主力車両として運行されるものと思われる。

以下、各タイプの解説である。

①12501~12513
12502.jpg
1998年に石油輸出国機構(OPEC)の援助で調達されたグループ。四方工場製で、二段窓+通風口の独特な窓となっている。
台枠もMR標準のとは異なるものを用いている様で、車体裾の仕上げもこれまでのものと異なっている。
同時期に同仕様のアッパークラス車12721~12748も導入されている。

②12514~12529
12526.jpg
2009年に製造されたグループ。標準的な12000番台オーディナリークラス車と同等の仕様である。

③12540~12593
12558.jpg
1999年に韓国経済開発基金(EDCF)の援助によって調達された車両。大宇製のパーツをミンゲ工場で組み立てるノックダウン方式で製造されたグループである。
12587と12589はファーストクラス仕様であるとの事。

  1. 2017/05/07(日) 00:50:43|
  2. 鉄道
  3. | コメント:0

模型でミャンマー風列車を愉しむ

コツコツと製作してきたミャンマー風鉄道車両が増えてきたので、近隣の貸レイアウトにて走らせてきた。
あああ1

機関車はDD54がアルストムDF1200と汽車会社製DD1200を折衷した様なスタイルだったため、MR標準のクリームベースに塗装した。
混合列車では、機関車次位は有蓋車、タンク貨車は編成中間、編成最後尾は車掌車あるいは荷物車となる事が多いようである。
また、編成中間に回送の機関車が連結される事もある。

あああ2
南国を思わせるゾーンにて。アッパークラス客車はGMの81系客車キットをベースに、汽車会社製BDUXEZ1800やBDUEZ1190番台に似せてみた。荷物車はトミックスのマニ50の雨樋を削り、車体を短縮して、それらしく仕上げた。

あああ3
以前ご紹介したKATOベースのRBE2571との共演。地方の主要駅では、RBEと混合列車が交換する光景も見られる。

  1. 2017/05/01(月) 23:20:50|
  2. ヘタクソ模型製作記
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ZKOKH

Author:ZKOKH
暖かくて温かいミャンマーに魅せられて・・・

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ミャンマー旅行記 (31)
ミャンマーの乗り物 (339)
鉄道 (53)
バス (286)
海外の乗り物 (1)
海外旅行記 (0)
日本国内編 (47)
日本の乗り物 (7)
非電化を訪ねて (38)
ルーツを辿って (0)
京成バス (1)
ヘタクソ模型製作記 (7)
ミャンマー諸々 (6)
ミャンマー本紹介 (1)
動画紹介 (4)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR