民柄場

みんがらば ~ミャンマーと日本の乗り物・旅行記~

はじめに

ようこそ。
ここではバリエーション豊かなミャンマーの鉄道車両や、各種バスを紹介して参ります。
また適宜旅行記や現地情報の紹介の他、国内編として管理人が撮影した乗り物も紹介します。

主な更新内容は、以下の通りです。
・ミャンマー旅行記
これまでに訪れた観光名所等や渡航時の速報を簡単に紹介。
・ミャンマーの鉄道車両紹介
個人的に印象に残った車両の紹介や、機関車・客車の分類。
作成済みのページは、次記事インデックスよりご覧いただけます。
・ミャンマーのバス紹介(この記事が多めです)
ミャンマーを走る、個性的なバス達を画像で紹介。
・非電化路線を訪ねて
これまで管理人が訪れた、日本各地の非電化路線で撮影した画像を紹介。


将来的にサイトに移行する事を考えているため、
試験的にまとまりのないテーマや断片的な投稿をする事がありますのでご容赦ください。

ご感想・ご質問等はこちらのメールアドレス channelmingala☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)よりお願い致します。

※お断り
当ブログに記載されている内容は、あくまで取材・撮影当時のものです。
特に海外の交通機関の運行時刻は予告なく変更される場合があるため、旅行に行かれる際はご自身で最新の情報を調べるようにしてください。既に過去のものとなった情報も少なくありません。
本ブログの情報を元にして発生した不利益に関して、管理人は一切責任を負いません。
車両基地内の画像は、全て許可を事前に取得または職員同行の上で撮影しています。

LRBE61
スポンサーサイト
  1. 2025/12/14(日) 21:43:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ミャンマー国鉄の鉄道車両インデックス

鉄道車両総論
<機関車>
概要
・DC500       ・DD500(1次)       ・DD500(2次)       ・DD500(3次)
DD900(Krupp)  ・DD900(汽車会社)   ・DD900(アルストム)  ・DD1100           
・DD1200(Krupp) ・DD1200/1500(汽車会社)               ・DD1500(Krupp) 
・DF1200(アルストム)              ・DF1200(四方)      ・DF1200(インセイン①)
・DF1200(インセイン②)             ・DF1300          ・DF1600(アルストム)
DF2000(アルストム)              ・DF2000(大連)      ・DF2000(四方)
      
<客車>
概要(車種別分類/番台別分類/形式記号
・LRBT        ・RBT800         ・LBTX900         ・客貨車
・1000番台車    ・10000番台オーディナリークラス          ・BDTEZ10700/LBT10700
・12000番台オーディナリークラス     ・12000番台アッパークラス
・13200番台     ・13300番台       ・14100番台
・昆河線移籍車   ・インド製客車
・寝台車       ・食堂車          ・荷物車           ・郵便車
・事業用車

<貨車>
概要
・有蓋車①    ・無蓋車(2軸/ボギー) ・長物車           ・サトウキビ車
・ホッパ車      ・昆河線からの移籍車

<RBE/LRBE>
RBE2507
RBE2583
RBE2588
RBE2589
RBE2590
RBE2595
RBE25105
RBE25107
RBE5044
DMU305

TCE3001


  1. 2025/12/13(土) 07:06:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

YBS No.37 YGN1L-2081

1L-2081

車種:KING LONG XMQ6119G
撮影地:ヤンゴン市内
撮影日:2017年3月14日
  1. 2017/03/27(月) 23:44:39|
  2. バス
  3. | コメント:0

「いま」を見に

D1B303

第7回目のミャンマー渡航も、充実したものとなりました。
今回はカレーミョ訪問の他、個人的には初の試みとしてヤンゴンとマンダレーの各車両区・工場を撮影許可取得の上訪問しました。
MR最先端の非常に貴重な情報や光景が得られました。関係各位にこの場を借りて感謝申し上げます。
いただいた情報や収めた画像は、追って本ブログや他の媒体にて紹介して参ります。
  1. 2017/03/23(木) 22:15:07|
  2. ミャンマー旅行記
  3. | コメント:0

YGN5C-5993

5C-5993
5C-5993

型式:KC-MS829P
元事業者:西鉄バス
撮影地:上アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)、下モプリンサービスエリア(モン州)
撮影日:2016年1月22日
  1. 2017/03/22(水) 00:10:21|
  2. バス
  3. | コメント:0

2017年3月のマンダレー地区

3月17~20日に確認できたマンダレー地区の情報をまとめる。

1.列車(マンダレー口)
4DN:DF2068牽引(19日)、16両編成
6DN:DF2070(18日)、DF2069(19日)牽引、新型客車14両編成
41UP:DD1211牽引
53UP/54DN:RBE3029+3052+3056+3031(18日、コーリン所属車)、RBE3046+3025+3053+3047(マンダレー所属車)
57UP:DF1351(18日)、DF1354(19日)牽引、12両編成
58DN:DF1346牽引(19日)
117UP?:DD961(18日)、DD964(19日)牽引、貨客混合列車
120DN:DD966牽引、アッパークラス2両、オーディナリークラス3両(18日)
124DN:RBE3043(17日)
135UP:RBE3041(18,19日)
215UP/216DN:RBE3048+RBE3045(18,19日)
マダヤ線:DD901牽引(19日)、編成両端は緩急オーディナリークラス車
ミョハン~ターズィ?間混合列車:DF1267(ターズィ所属)牽引(18日)
ミョハン~マルァゴン間貨物列車?:DF2078牽引、有蓋貨車20数両(18日)
ミョハン駅入換(18日):DD1217、DF2072
※119UP/120DNが客車化された。これまで使用されていたマンダレー所属のキハ141系は整備や故障のために運用離脱、または転属している。
※2017年1月ごろに元JR東海車のマンダレー駅構内留置が確認されていたものの、現在は留置なし。RBEの定期列車は後述する所属に関わらず、到着後は機関区に引き上げる。

2.元JR東海キハ40系転属車の現況
上記列車とマンダレー機関区への取材から、マンダレー地区で運行されているキハ40系の配置が判明した。
マンダレー(MDY)所属:3025,3043,3046,3047,3053
コーリン(KWLN)所属:3029,3031,3045,3052,3054,3056
パコック(PKU)所属:3041
※KWLNとPKUは、他に予備車が在籍している可能性がある点に注意。53UP/54DNは、MDYとKWLNが一本ずつ編成を用意して運行されている。
※転属に際して車体のクリーム色が濃いもの(客車などと同じ?)に変更されていない車両は、3045,3048,3053。また3025,3046,3047は側面にMyanmarラッピングが施されている。

3.ミンゲ工場
・2015年に再整備作業が確認されていた一部の北斗星客車とキハ183系は、竣工が断念された模様。客車製造工場横のエリアにまとまって留置されている。ちなみにマニ24も改造が中断された状態で留置。
・同じエリアにはRBE2515,5004,5005,5020も留置されている。5020はRBTに改造されていない。
・RBE3600は10両(3603と3609以外)を確認することができた。イセ1も同じエリアに引き続き留置されている。
・ヤンゴン地区を引退した各種客車は、20両程度確認することができた。いずれも床板や内装などが外されており、このまま除籍となる。ヤンゴン工場付近に留置されていたRBT800も移動してきており、こちらは今後整備されるとの事。
・今回見学できたエリアでは、RBEから改造されたRBTを確認することはできなかった。
・工場内の入換にLRBE65が使用されている。これまで使われていた16と69は解体された。

MDY1
135UP RBE単行は加速が速く、客車列車よりも数分早く撮影場所を通過していった。

MDY2
ミョハン駅に入線してきた謎の混合列車。客貨車にすぐ乗客が乗り込んでおり、機関車にはターズィの所属表記があったため、ここからターズィまでの区間列車として運行されているものと思われる。

MDY3
120DN RBE時代より席数が増加した。

  1. 2017/03/21(火) 11:16:18|
  2. ミャンマー旅行記
  3. | コメント:0

7B-7406

7B-7406

型式:P-MP218N
元事業者:神奈川中央交通
撮影地:ダゴン・エヤーバスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月13日
  1. 2017/03/20(月) 20:00:58|
  2. バス
  3. | コメント:0

2017年3月のカレーミョ地区

昨年末から相次いで訪問報告が出ているカレーミョ、今回は2日間(3/16,17)の短い滞在であったものの、充実していました。


・列車
1001UP/1002DN:D1B303+LRBT238+251+243
139UP/140DN:DF1642+60308+60307+45238+VBHV
1003UP/1004DN:LRBE61+LRBT249+244
カレー駅構内入換:LRBE36
(D1B303とDF1642以外は再塗装済み)

・カレー駅構内
整備済み予備車:LRBE36、DF2002、45257、60304~60306、215+233、48004+14306+14477、RGC94(クレーン搭載)
外装から整備待ちor離脱中:40110(ファーストクラス)+LRBE11+47002+213+D1B301
事実上廃車:7153、DCL(レールバスの派生型モーターカー)、旧LRBE5
など
丁度各車両の検査時期が重なっていたようで、塗装の美しい車両が多く見られました。

・鉄道関連での気付き
LRBE36の車軸受にガンツ製気動車の部品が、D1Bの動台車はタルボット製気動車(現LBTX900)のものが流用されていました。
1960年代の欧州製気動車と、ミャンマー製レールバスとの間には繋がりがありました。


・旅行にあたって
今回はマンダレーから夜行バスに乗車し、空路で帰りました。ヤンゴンからも少なくとも3~4社がバスを運行しており、時間に余裕のある方はそちらを利用するのも良いでしょう。
カレーミョ市内にもホテルは空港前の通り沿いだけで4件程度確認することができ、到着後に宿を探す事も可能です。欧米の人もちらほら見かけました。
市内も緑が多く、気分転換にもおすすめな町です。

kalay3
カレー駅にて。左のLRBE36も、直前までエンジンをかけて動いていた。

kalay2
入換終了後のD1B列車。ターンテーブルを使わずに機回しを行う。

kalay1
ハンタワディ駅を発車する140DN.次こそは乗車してガンゴーまで走破したい。
  1. 2017/03/19(日) 13:28:35|
  2. ミャンマー旅行記
  3. | コメント:0

YGN8J-2869

8J-2869

型式:U-MS726S(推定)
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/03/18(土) 09:59:47|
  2. バス
  3. | コメント:0

No.131 YGN7J-6362

7J-6362

車種:現代・エアロシティ
元事業者:釜山市内バス 
撮影地:BRTターミナル(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/03/17(金) 09:57:22|
  2. バス
  3. | コメント:0

2017年3月13日のレパダンまとめ

3月13日のピィ本線の動向です。

・63UP: DF1253+・・・・BDUEZ1144(乗車)+・・・
・71UP/72DN: DF2075+新型客車8両(すべてオーディナリークラス)
・61UP/62DN: DF2052+オーディナリー/セカンドクラス合計7両+BNCXE12856+荷物車
・64DN: DF2016+・・・・郵便車1932+・・・
・65UP/66Dn: ピィ方より、RBE3014+3013+3018
・69UP/70DN: DF1627+2016年9月とほぼ同じ編成

・変則197Up(1)とレパダンへの戻りの列車:タラウォー方よりRBE5046+2582
・レパダン駅構内:LRBE9, 24+57+LRBT159 LRBT270は機関庫内 BAR16100(アメリカ軍が持ち込んだとされる木造車体の事業用車?)


65UP/66Dnが2017年に入りヤンゴン―オッカンOkkanに運転区間が延長&3両編成に増結され、タラウォー支線不通区間までの列車がRBEに変更となった点が前回と異なっている。

タラウォー支線の工事区間(No.15 Bridge)では、コンクリート製の新橋梁に接続するように線路が敷きなおされるなど、着実に復旧に向けて進んでいることを確認することができた。

IMGP4355.jpg
タラウォー支線不通区間のレールバスを置き換えた元キハ141系。レールバスプッシュプル時代よりも運行速度が向上した。

IMGP4356.jpg
謎の多い客車1144.個人的に4度目の遭遇となった。車内は向かい合わせのリクライニングシートであった。
独特な窓割で、元来は別の車内仕様であったものと推測される。トイレは画像手前側に一か所のみの設置だった。
製造から長い年月が経っているからか、内装材や床板が痛んでいる箇所が多々見られた。


  1. 2017/03/17(金) 02:32:44|
  2. ミャンマー旅行記
  3. | コメント:0

The Last Sanctuary

170316

ミャンマー国鉄(確認した限りでは)最後のカーヤター(トラックの走行装置を流用して製作されたレールバス)運行地域となった、カレーミョに滞在しています。
  1. 2017/03/16(木) 16:08:46|
  2. ミャンマー旅行記
  3. | コメント:0

7B-6570

7B-6570

型式:BS105
撮影地:ヤンゴン市内ラインタヤ地区
撮影日:2015年8月10日
  1. 2017/03/16(木) 09:54:15|
  2. バス
  3. | コメント:0

非電化を訪ねて JR北海道江差線 江差

DC40-808

(2014年3月6日撮影)
  1. 2017/03/15(水) 09:05:13|
  2. 非電化を訪ねて
  3. | コメント:0

YGN7K-7014

7K-7014

車種:現代・エアロシティ 
撮影地:アウンミンガラー・バスセンター(ヤンゴン市内)
撮影日:2016年9月14日
  1. 2017/03/14(火) 09:49:54|
  2. バス
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ZKOKH

Author:ZKOKH
暖かくて温かいミャンマーに魅せられて・・・

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
ミャンマー旅行記 (31)
ミャンマーの乗り物 (316)
鉄道 (48)
バス (268)
海外の乗り物 (1)
海外旅行記 (0)
日本国内編 (46)
日本の乗り物 (7)
非電化を訪ねて (37)
ルーツを辿って (0)
京成バス (1)
ヘタクソ模型製作記 (6)
ミャンマー諸々 (6)
ミャンマー本紹介 (1)
動画紹介 (2)

アクセス数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR